www.toddeastwest.com

まじめにふまじめ

フランス

1957 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

1957 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

フランス

1957 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

1957 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

フランス

1957 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入 Ch.Latour

Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 1957 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入 Ch.Latour

フランス

1957 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild 数量限定

1957 Lafite-Rothschild (86-88)pt. Drink データなし The 1957, while not great, is nevertheless surprisingly good (twice I have rated it in the 86-88 range). Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) 1957 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild 数量限定

フランス

1958 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

1958 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

フランス

1958 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

1958 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

フランス

1958 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

ヴィンテージ  ★(ポイヤック) 1958 Lafite-Rothschild 70pt. Drink データなし A rusty, tea-like color offers little hope for optimism. The nose is marred by an unclean fecal scent. Light-bodied, short, compact, and losing whatever fruit it once possessed, this is an out of balance, disappointing wine. Wine Advocate #90 Dec 1993 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1958 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

フランス

1958 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 自社輸入 大得価,人気セール

ヴィンテージ  ★(ポイヤック) 1958 Lafite-Rothschild 70pt. Drink データなし A rusty, tea-like color offers little hope for optimism. The nose is marred by an unclean fecal scent. Light-bodied, short, compact, and losing whatever fruit it once possessed, this is an out of balance, disappointing wine. Wine Advocate #90 Dec 1993 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1958 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild 自社輸入 大得価,人気セール

フランス

1959 シャトーオーブリオン 750ml 自社輸入航空便 Ch.Haut Brion

1959 Haut Brion 93pt. Drink N/A The 1959 Haut-Brion did not live up to expectations. I have had nearly perfect examples of the 1959, often preferring it ever so slightly to the 1961 when tasted side by side. That was not the case in Munich. Although the 1959 was outstanding, it seemed less concentrated, more disjointed, and more evolved than the 1961, displaying a more roasted aromatic profile, and less sweetness and unctuosity than previous bottles. Wine Advocate #103 Feb 1996 1959 シャトーオーブリオン 750ml 自社輸入航空便 Ch.Haut Brion

フランス

1959 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion

1959 Haut Brion 93pt. Drink N/A The 1959 Haut-Brion did not live up to expectations. I have had nearly perfect examples of the 1959, often preferring it ever so slightly to the 1961 when tasted side by side. That was not the case in Munich. Although the 1959 was outstanding, it seemed less concentrated, more disjointed, and more evolved than the 1961, displaying a more roasted aromatic profile, and less sweetness and unctuosity than previous bottles. Wine Advocate #103 Feb 1996 1959 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion

フランス

1959 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 人気定番,本物保証

1959 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux 人気定番,本物保証

フランス

1959 シャトーマルゴー マグナムCh.Margaux 1500ml

1959 シャトーマルゴー マグナムCh.Margaux 1500ml

フランス

1959 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 1959

1959 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild 1959

フランス

1959 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入航空便 Ch.Latour

1959 Latour 96pt. Drink 2000-2010 Dark garnet with an amber edge, the 1959 Latour reveals a touch of volatile acidity in the nose, along with aromas of melted caramel, tobacco, and jammy red and black fruits. As the wine sat in the glass, notes of minerals, coffee, spice, and underbrush emerged. There is still copious tannin in the finish (I am not sure it will ever be fully resolved), but this sumptuous, complex, fragrant, super-rich Latour cuts a broad swath across the palate. Fully mature, it is best consumed over the next decade. Wine Advocate #129 (2000-06-26) 1959 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入航空便 Ch.Latour

フランス

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 1959 Lafite-Rothschild 99pt. Drink 1994-2024 Tasted 9 Times With Consistent Notes Except For One Corked MagnumThe 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years.Wine Advocate #95 Oct 1994 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル A Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt

フランス

1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル B Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt

(液面レベル) トップ・ショルダー 15年以上経過したワインは、通常この液面レベルです。 1959 Lafite-Rothschild 99pt. Drink 1994-2024 Tasted 9 Times With Consistent Notes Except For One Corked MagnumThe 1959 is unquestionably the greatest Lafite-Rothschild that has approached full maturity. It remains to be seen whether vintages such as 1982, 1986, and 1990 will reach a similar height. The super-aromatic bouquet of flowers, black truffles, cedar, lead pencil, and red fruits is followed by one of the most powerful and concentrated Lafites I have tasted. Medium to full-bodied, velvety-textured, rich, and pure, it is a testament to what this great estate can achieve when it hits the mark. This youthful wine will last for another 30 or more years.Wine Advocate #95 Oct 1994 Ch.LAFITE 1959 24 notes since 1975. Undoubtedly a great wine. Very rich, fragrant, elegant, though hefty for Lafite. Plenty of life. Good notes from the mid-1970s to the 1980s, with theexception of a rather ‘hot’ slightly acidic bottle at Flatt’s marathon in 1988.Most recently Walter Eigensatz presented us with bottles, magnums, a double-magnum, a jeroboam and an imperiale which were tasted blind in random order. The imperiale I noted as ‘’firm’’ with ‘’great length’’ and ‘’needs more time’’. The jeroboam was perfect and just surged out of the glass. The double-magnum seemed the most supple and ready; the magnums excellent; the bottles slightly variable. ラフィットの史上で最良品のひとつで、もっと繊細な香りの53年物とは全く異なる。長持ちする。最新の試飲はマグナムにて:ダークチェリー色の芯を持つ深い色。香りの出現が遅く、最初はかすかな鉄臭の抑えた芳香であった。甘い、おいしい風味が満ちる。偉大な余韻。 歯を引き締めるようなタンニンがあってスパイシー。ラフィットの名を裏切らない。出色。最後の試飲は2006年7月。★★★★★ 今後さらに良くなるだろう。 Michael Broadbent (マイケル・ブロードベンド著 THE NEW GREAT VINTAGE WINE BOOK ) Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1959 シャトーラフィットロートシルト フルボトル B Ch.Lafite Rothschild 750ml 1bt

フランス

1959 シャトーランシュバージュ 1本Chateau Lynch Bages A 750ml

1959 シャトーランシュバージュ 1本Chateau Lynch Bages A 750ml

フランス

1959 シャトーランシュバージュ 1本Chateau Lynch Bages B 750ml

1959 シャトーランシュバージュ 1本Chateau Lynch Bages B 750ml

フランス

1959 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml

1959 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml

フランス

1959 ラターシュ La Tache ドメーヌドラロマネコンティ DRC

※液面:34mm ラ・ターシュ La Tache ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ Domaine de la Romanee-Conti(DRC) ロマネ・コンティ畑の南に位置し、斜面の上下に広がるため、上部の重厚さと、下部の繊細さがひとつになって奏でる独特の複雑な深みをもちます。色濃く、凝縮された印象のワインでしばしば「ロマネ・コンティの腕白な弟」と表現されます。 1959 Domaine de la Romanee Conti La Tache 90pt. Drink 2015-2025 Tasted at the La Tâche vertical at The Square. The La Tâche 1959 has a formidable reputation, although I don't hold it in as high regard as the best vintages of the 1960s. It has a hint of sweet toffee in the bouquet that Aubert de Villaine commented was a trait of this wine and though it is pleasing, it lends it a slightly false quality. The palate is meaty on the entry with supple, decayed, soft red berry fruit. It feels nicely balanced and proportioned with that caramel and marzipan-tinge on the finish. I can image this being an absolute stunner a couple of decades ago, but now it seems to offer only the sensory satisfaction–but not the intellectual.eRobertParker.com #218 Apr 2015 1959 ラターシュ La Tache ドメーヌドラロマネコンティ DRC

フランス

1960 ウニコ 750ml ベガシシリア ヴェガシシリア Unico Vega Sicilia 人気,2017

1960 Vega Sicilia Unico 87pt. Drink 2012-2017 The 1960 Unico contains 30% of so-called -outside varieties- i.e. non-Tempranillo. It has a slightly dour bouquet compared to the 1962 or 1964, a conservative nose that is unashamedly herbaceous. There is an underlying scent of dusty attic and an old English stately home. The palate is medium-bodied with a slightly pinched entry. It displays firm, dusty tannins and comes across as masculine. There is a little spice on the entry with crisp acidity. It is dusty and foursquare, but there is a core of decayed, dusty red fruit keeping this Unico alive. However, I would not leave it too much longer. 63,000 bottles produced. Drink now-2017. eRobertParker.com #202 Aug 2012 1960 ウニコ 750ml ベガシシリア ヴェガシシリア Unico Vega Sicilia 人気,2017

フランス

1960 クロフト ヴィンテージポート 750ml お得,お買い得

1960 クロフト ヴィンテージポート 750ml お得,お買い得

フランス

1960 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion

1960 シャトーオーブリオン 750mlCh. Haut Brion

フランス

1960 シャトーオーブリオン マグナム 1500ml ラベル破損キャップシール破損 Ch. Haut Brion

▼キャップシール破損部分 ▼ラベル破損部分   1960 シャトーオーブリオン マグナム 1500ml ラベル破損キャップシール破損 Ch. Haut Brion